輪ゴムで仮性包茎の矯正にチャレンジ


輪ゴムで仮性包茎の矯正するという方法を思いついてチャレンジする方がいます。

輪ゴムを使うメリットは、肌色でトイレなどで人にわかりにくいということや、伸縮性があることから、勃起しても伸びることなどがあげられています。

輪ゴムだけで矯正できるのであれば、問題ないかもしれません。

ただしバンドエイド(絆創膏)と同じく、カリ首の高さが低く、引っかかりにくいかたは、この方法では簡単に包皮が乗り越えを起こすことがあります。

輪ゴムを乗り越えると、外す時に痛みを伴います。

また、陰毛(いわゆるチン毛)を巻き込むと相当苦痛です。

剥き癖をつけたとしても、カリ首が十分に育たないと、すぐに戻ってしまいます。

カリバウアーのように重量があるもので、カリ首を鍛えないと、完全な脱皮とはいかないのです。