包茎手術の失敗は悲惨です


真性包茎やカントン包茎の方が泌尿器科で包茎手術を受ける場合、病気として健康保険適用対象となります。

しかし、仮性包茎の場合保険適用対象外です。

美容クリニックを選ぶ場合でも、どうしても施術費用が安いところを選んでしまいがちです。

もちろん高額な美容クリニックを選べば技術が高いという保証もありません。

ぼったくりのクリニックもたくさんあります。

手術に失敗すると、一生跡が残る場合があります。

手術を失敗してしまった方のサイトには、それらの悲惨な画像も掲載されています。

※閲覧注意
こちらこちらです。

傷だけではなく、包皮の切りすぎ、包皮の切除不足なども失敗といえます。

切除不足では、すぐに症状が現れれば再手術をしてもらえる場合もありますが、数年後に再度皮がかぶってしまった場合、保証してもらえないことが多いです。

切りすぎたしまった場合は、勃起時に包皮が突っ張って、激痛を伴う事もあります。

包茎手術を受ける場合、クリニック選びや医師を選ぶには、細心の注意が必要といえます。