グーグルマップに「息子の遺体」=父親の訴えで削除へ


地図や衛星写真が見られる「グーグルマップ」で、米サンフランシスコ近郊 リッチモンドの衛星写真に、殺人事件の被害者となった少年の遺体が写っている ことが分かった。  地元テレビ「KTVU」によると、少年の父親から指摘を受けたグーグルは18日 画像を削除することを明らかにした。  同テレビなどによると、2009年8月、当時14歳の少年が何者かに銃で撃たれ 遺体が線路脇で発見された。事件はまだ未解決のまま。少年の父親が数日前、この写真 を発見し、グーグルに削除を要請した。父親は同テレビに対し「まるで事件が昨日 起きたようで、いろんな記憶がよみがえってしまう」などと憤った。  グーグルマップで現場の画像を拡大すると、少年の遺体や警察車両などが写って おり、遺体発見直後に偶然、人工衛星から撮影されたとみられる。 source:YOMIURI ONLINE

ストリートビューおまけ